--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.11.14

日本リーグ開幕 ネット配信

先週末、日本ハンドボールリーグ(男子)が開幕した。初戦から昨シーズン優勝の大崎電気が敗れるなど、今シーズンは混戦が予想される。昨年同様、プレーオフの4チームに入る可能性があるのは、大崎電気、大道特殊鋼、湧永製薬、トヨタ車体、トヨタ紡織九州の5チームだろう。

湧永製薬の試合は下のページでネット配信されてます。ただし画質はあまり良くなく、ehf.tvよりも見にくい。


http://www.ustream.tv/channel/%E7%AC%AC36%E5%9B%9E%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0-%E5%A4%A7%E5%90%8C%E7%89%B9%E6%AE%8A%E9%8B%BC-%E6%B9%A7%E6%B0%B8%E8%A3%BD%E8%96%AC
スポンサーサイト
2011.11.03

2012ロンドンオリンピック男子アジア予選 結果

2012ロンドンオリンピック男子アジア予選が終了し、地元韓国が4大会連続のオリンピック出場を決めた。我らが日本は準決勝で中東の強豪サウジアラビアを破り、決勝に進出したが、アジアの雄韓国代表には敵わなかった。

準決勝 日 本 22 (14- 9, 8-12) 21   サウジアラビア

[広告] VPS




決勝  韓 国 26 (11-10, 15-11) 21   日 本

[広告] VPS



スコアを見る限り初戦のような惨敗ではなかったと思うが、個々の能力的にも韓国にはまだまだ及ばない。日本が得意としてる速攻も韓国の方が一枚上手だし、選手の層も厚い。特に今回の予選では20代前半の選手が多く見られ(それもかなり上手い)、次々に新しい選手が育っているのが分かった。

それにしてもなんで韓国はハンドが強いんだろう?昔、何人かの韓国人にハンドボールのことを聞いたことがあるが、そもそもハンドボールというスポーツを知らない人もいたし、人気は全然ナイらしい。おそらく韓国では、日本と同じ、いやそれ以上にマイナースポーツなんだろう。

また、日本リーグで活躍していた韓国人選手が「日本は観客が沢山入って羨ましいい」みたいなことを言っていたことから、韓国リーグの閑散とした会場の雰囲気が容易に想像できる。

競技人口にしても日本の方が確実に多い事を考えると、やはり韓国スポーツ界のエリート教育が強さの秘訣としか考えられない。日本が韓国に追いつくのはまだまだ時間がかかりそう。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ハンドボールへ
にほんブログ村

2011.11.01

2012ロンドンオリンピック男子アジア予選 中国戦 動画

初戦の韓国戦で惨敗した日本だが、なんとかグループステージを2位で突破。決勝トーナメントではA組1位のサウジアラビアと対戦し 22:21の接戦で勝利し、決勝戦で再び韓国と戦うことになった。まぁこれは日本が思い描いてた勝ち上がり方だが、初戦の韓国戦を見る限り、地元韓国を倒すのはかなり厳しそうだ。しかし何が起こるのかわからないのがスポーツというもの、奇跡が起こることを祈ろう。

予選ラウンド 対中国戦 動画 ↓

http://www.handballkorea.com/lounge/View.asp?SEQ=8451&BBS_CODE=highlight2&YEAR_CODE=&T_TYPE=02&sch_stype=&sch_sval=&page=1&sch_order=1

日本は決勝で敗れても来年の世界最終予選には出れるのだが、そこで対戦するのはクロアチア、スウェーデン、パンアメリカ2位(ブラジル?)とヨーロッパの強豪国が並ぶ。クロアチアとスウェーデンには間違っても勝てないので、何としてでもアジア1位でオリンピックに出るしかない。

決勝は11/2(水)18:00~ テレビ放送の情報は入ってきてないが、入り次第ブログにアップします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ハンドボールへ
にほんブログ村
2011.10.20

ロンドンオリンピック女子アジア予選 TV放送

中国の常州市で行われるロンドンオリンピック女子アジア予選、残り2試合のTV放送の時間が決定した。

VS トルクメニスタン 10月20日(木) 18:00-18:50
VS 韓 国      10月21日(金) 18:00-(19:30)

計6チームで行われている予選で、日本は4連勝し最終日の韓国戦に勝てば、じつに36年ぶりのオリンピック出場が決定する。日本はアジア大会王者の地元中国を破るなど、今大会は非常にいい試合を続けており、王者韓国にもいい試合をしてくれそう。

中国は強敵というイメージがあったが(日本は公式戦では3年ぶりに勝ったらしいが)、ただ大きいだけでポスト頼みの単調な攻めが目立った。対する日本は身長は低いが、DFではどんどん前に出てプレッシャーをかけ、相手チームのパス回しのリズムをうまい具合に封じていた。攻めでもキャプテンの藤井を中心に、植垣や上町などポジションチェンジをしながら展開力のある攻めで相手DFを崩し、得点を重ねている。特に上町選手は本来のレフトバックではなくレフトウイングでの出場だが、速攻で素晴らしいシュートを何本も決め大活躍している。

前回の中東の笛問題で行われた再試合では、韓国に全く歯が立たなかった日本だが、オリンピック銀メダルのベテラン選手達はすでに第一戦から退いているし、今のチームなら勝てる可能性はゼロではないはず。ちなみに韓国戦は生中継で、これまでのハイライトでなくフルの試合が放送される予定


ちなみに10月23日から始める男子の予選もTV放送が決定。

VS韓国 10月23日 15:55-17:10  BSジャパン


がんばれ日本!!!
2011.10.14

ロンドンオリンピック女子アジア予選 TV放送

中国の常州市で行われるロンドンオリンピック女子アジア予選がNHK-BS1で放映されることになりました。2位までが決勝トーナメントに進めるので、韓国に敗れても2位通過で進めます。と言っても出場枠は1国のみなんで、どのみち倒さなくてはいけない相手なんだが、みんなで応援しましょう。

NHK-BS1

VS カタール  10月15日(土) 12:00-12:50
VS 北朝鮮   10月16日(日) 12:00-12:50
VS 韓 国   10月18日(日) 11:00-11:50

2011.08.18

2012ロンドンオリンピック男子アジア予選

日本ハンドボール界最大の目標であるオリンピック予選の組み合わせが決まった。

主  催  : アジアハンドボール連盟
大会期間 : 2011年10月23日(日)- 11月2日(水)
開催都市 : 韓国・ソウル


グループAグループB
サウジアラビア日本
カタール韓国
イラン中国
イラクカザフスタン
ウズベキスタンオマーン
クウェート



予選リーグ上位2チームが決勝トーナメントに出場し、優勝したチームが見事ロンドンオリンピックの切符を得ることができる。
何とも綺麗に中東と、東アジアの国が分かれたが、これは偶然ってことにしよう。もうこれまでのような中東の汚い手口は前回の騒動がありできないはずだし、今回はガチンコの勝負ができるはず。(というか今まで普通の試合ができなかったこと自体異常だったが)

今大会は前回よりも出場国が増え、世界選手権には何度も出てるが、オリンピック予選にはあまり出てこないサウジアラビアや、日本がアジア大会で負けたイランなども参加し、とても厳しい戦いが予想される。最大の敵はもちろん韓国だが、中東の有力国もけして侮れない。日本は予選2位で通過し、決勝で韓国に勝つというのが最も有力なシナリオだが、ここ何十年も勝てていない韓国にどう戦えばいいのか、今の日本代表では厳しいのが現実。

しかし、まったく望みがないというわけではない、過去の大会ではアテネオリンピック予選で韓国と同点の試合をしたことがあるし、前回の再試合も、一時は2点差まで追い上げ全く歯が立たなかったというわけではない。宮崎選手を中心に、若い世代の力も生かし、24年ぶりのオリンピック出場を目指してほしい。
2011.08.12

Orlen Handball Cup 結果

先日紹介した日本代表が参加したOrlen Handball Cupの結果。

8月4日
 RK Velenje (SLO) - THW Kiel : 27:30 )
 Wisla Plock (POL) - Japan : 37:32

8月5日
 THW Kiel - Japan : 39:28
 Wisla Plock (POL) - RK Velenje (SLO) : 37:33

8月6日
  Japan - RK Velenje (SLO) : 44:32
Wisla Plock (POL) - THW Kiel : 29:31

  1位    THW Kiel
  2位    Wisla Plock
  3位    Japan
  4位    RK Velenje

日本代表は1日目と2日目は負けたものの、最終日にはスロベニアの強豪でチャンピオンズリーグにも何度も参戦している RK Velenje を 44:32で破り、見事3位に。さすがにTHW Kielには相手にならなかったが、 Wisla Plockとの試合では前半までは互角と言っていい試合内容だったし、今回の大会の成績はまずまずだったのではないか?

日本代表はこれからデンマークでも試合を行う予定。海外での経験はアジアのチームと戦う時に必ず役立つはずなので是非頑張ってほしい。ライバルの韓国なんかは、世界選手権でヨーロッパの準強豪のチームとはほぼ互角に戦えるだけの力を持っているし、日本もそろそろアジアレベルから脱却して世界レベルのチームになってほしいものだ。

それにしても今回の大会でも宮崎大輔選手の活躍は凄かった。フルに試合を見れたのは Wisla Plock戦だけだが、日本代表で唯一まともに点を取れるのが宮崎選手ぐらい。やはり彼は世界でも通用すると思うし、また海外に挑戦してほしい。



Best 7

Goalkeeper: Morten Seier
Left wing: Dominik Klein and Adam Wiśniewski
Right wing: Arkadiusz Miszka
Line player: Markus Ahlm
Playmaker: Luka Dobelsek
Right back: Kim Andersson
Left back: Momir Ilic

MVP Momir Ilic

日本の選手は一人も入らず、まあ THW Kielが参戦してる中でBest 7をとるのはかなり厳しいが、宮崎選手が受賞してもよかったのでは?というぐらいWisla Plock戦では活躍していた。

それと THW Kielだが今回のOrlen Cupを見た限り、今シーズンのメンバーは昨年とほぼ同じで行く可能性が高い。すでにセルビアのMarko Vujin、デンマークのRené Toft Hansen 、ドイツの若手Patrick Wiencekの入団が決まっているがどうやら、 2012/13シーズンからの移籍になる見通し、そうなるとメンバーは昨シーズンとほとんど変わらず、フランス代表のキャプテンJerome Fernandez(ジェロメ・フェルナンデス)が抜けたぐらい。7シーズンぶりにリーグ優勝を逃し、大型補強をしてくると思ったがこのままのメンバーで行くのだろう。と言っても補強しなくても戦力的には十分強いんだが。


Wisla Plock (POL) - THW Kiel 戦フル動画

http://sport.tvp.pl/pilka-reczna/wideo/wisla-plock-thw-kiel-mecz/5033398
2011.08.09

Orlen Handball Cup

現在オフシーズンのハンドボール界だが、新シーズンに向けヨーロッパ各地でプレシーズンマッチが多く行われている。その一つがポーランドの強豪Orlen Wisla Plockが主催するOrlen Handball Cup。参加チームはポーランドのチャンピオンOrlen Wisla Plock、スロべニアの強豪RK Gorenje、ドイツの名門THWkiel、そして我らが日本代表。なぜかクラブチームの中に代表チームが参加して形になってるが、世界のレベルを知るのには日本の選手にとってとてもいい経験。そしてこのOrlen Handball Cupでの日本代表とOrlen Wisla Plockとの試合映像を発見。以下のリンクからフルで見れる。

http://sport.tvp.pl/pilka-reczna/wideo/orlen-handball-cup-wisla-plock-japonia-mecz/5025267
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。