--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.08.30

Dominik Klein(ドミニク・クレイン)

Klein250_convert_20110830001142.jpg


       国籍/ドイツ
       クラブ/THW kiel
       年齢/27歳(2011年8月現在)
       ポジション/レフトウイング
       身長・体重/190cm 86kg


THW kielのレフトウイングDominik Klein(ドミニク・クレイン)。2006年のEUROで初めて代表入りし、20代前半からクラブ、代表ともに活躍するトップ選手。前回紹介したChristian Sprenger(クリスチャン・シュプレンガー)と同じく、kielの数少ないドイツ人選手でもある。もっとも Kleinはクラブのキャリアは6年目とチームの中でも古株であり、シマウマのユニフォームはすっかり板についている。

彼の武器はなんといってもスピード。速攻は飛び出しも早いが、そこからの加速がとにかく早く電光石火の速攻でシュートを決める。また、2次速攻の時などサイドからポストに入る動きが非常にうまく、DFが前に出たら、すかさず後ろに入り込みパスをもらってシュートを決める。その一連の動作もとにかく早い。

サイドシュートは45からパスをもらったら、スピードに乗って勢いよく6m内に飛び込みゴールを決める。シュートのテクニックについては普通だが、重要な場面ではきっちり決めてくれる。また本来のポジションはレフトウイングだが、時たまセンターでプレーすることもあり、意外に器用な一面も持っている。
kleindominik210x280_convert_20110830001159.jpg
ちなみに奥さん( Isabell Klein)もハンドボール選手であり、 Kleinと同じくドイツ代表である。夫婦そろってドイツ代表に選ばれているのは彼ら夫婦のみらしく、子供ができたらすごいハンドボーラーになりそうだ。





スポンサーサイト
Posted at 11:04 | 選手紹介 | COM(0) | TB(0) |
2011.08.27

HSV Hamburg シーズン開幕直前

いよいよ9月3日から始まるTOYOTA Handball-Bundesliga 2011/1012シーズン。各チーム開幕に向け最終調整に入ってる現在、ディフェンディングチャンピオンであるHSV Hamburgもプレシーズンマッチなどを重ね、開幕に向け準備は万端(のはず)

ブログでも何度か紹介したが今シーズンの移籍情報は

加入 Oscar Carlén ←SG Flensburg-Handewitt
   Dan Beutler     ←SG Flensburg-Handewitt

移籍 Krzysztof Lijewski →Rhein Neckar
   Per Sandström  →MT Melsungen

そして監督がMartin SchwalbからOscar Carlénの父親でもあるPer Carlenへ。

はっきり言って昨シーズンよりも戦力は上がっていると思う。Lijewski弟よりOscar Carlén(オスカー・カーレン)の方が実力は上だし、キーパーのDan Beutlerも大ベテランで Bitter(ビッター)といいコンビを組んでくれそう。これはリーグ連覇も 夢じゃない。



SG Flensburg-Handewittとのテストマッチ↓ ユニフォームが少し変わってカッコよくなっている。







そして注目のデンマークのドリームチームAG Kopenhagenとの試合は28:25でHSV Hamburgが勝利。リーグ開幕戦はTuS N-Lübbeckeと、この調子で幸先のいいスタートを切ってほしい。
         
2011.08.25

Christian Sprenger(クリスチャン・シュプレンガー)

GYI0063152524_crop_450x500_convert_20110824212436.jpg


       国籍/ドイツ
       クラブ/THW kiel
       年齢/28歳(2011年8月現在)
       ポジション/ライトウイング
       身長・体重/190cm 84kg


THW kielのライトウイングChristian Sprenger(クリスチャン・シュプレンガー)。ドイツ代表でもレギュラーとして活躍しており、外国籍の選手が多いTHW kielの中で数少ないドイツ人プレーヤー。ゴールを決めた後の雄叫びの様なガッツポーズはチームに勢いをもたらす。

彼の最大の強みはシュート決定率の高さだ。パスを受けたら全力で走りこみ、体を投げ出して角度を作りシュートを決める。キーパーの出方次第では、ループを打ったり、スピンシュートを打ったり、とにかく高い確率で決めてくれる。

シュート決定率の高さの秘訣として”無理して打たない"ことがあげられる。サイドの場合、流れが悪くて苦し紛れに打ったり、時間が無く焦って打ったりすることが多々あり、そういう場合大抵キーパーに止められる。この点Sprengerは、いける場面といけない場面の見極めが非常に正確で、無理なシュートがすごく少ない。それゆえ滅多に外さないという印象を持つのだと思う。
Christian_Sprenger_06_convert_20110824212515.jpg
サイドシュート以外にも、速攻でも相手キーパーの動きをよく見て、きわめて正確なシュートを打つ。ガッツあふれるプレーをする一方、頭の中は常に冷静な男、それがChristian Sprenger(クリスチャン・シュプレンガー)だ。







Posted at 11:05 | 選手紹介 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。