--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.10.10

MKB Veszprem2011/2012

C_2011_1832_B.jpg


リーグ4連覇中のハンガリーのチャンピオンMKB Veszprem。ハンガリー代表選手や東欧の代表選手が多く、過去にも多くのスター選手が在籍した強豪クラブ。チャンピオンズリーグでは2002年に準優勝を経験、近年はいいところまで行くがベスト8止まりが多く、final4出場が最大の目標。

レフトウイングはハンガリー代表Gergo Ivancsik(イバンシック、兄)、レフトバックはボスニア・ヘルツゴビナのMirsad Terzic、40歳ながら現役ハンガリー代表Perez(ペレス)、今シーズンTBV Lemgoからチームに帰ってきたハンガリー代表のエース Ferenc Ilyes。

ミドルバックは得点力のあるハンガリー代表Gabor Csaszar、クロアチアの若手Vedran Hud。ライトバックはチームのエースで得点王、セルビアンボンバーMarko Vujin(マルコ・ブジン)主にディフェンスで出場するBalazs Laluska(ラルーシカ)。

ライトウイングはハンガリー代表Tamas Ivancsi(トーマス・イバンシック 弟)、同じくハンガリー代表で2mの長身サイドPeter Gulyas。ポストは元クロアチア代表Renato Sulic、セルビアのUros Vilovski、HCM Constanţaから移籍してきたハンガリー代表Timuzsin Schuch。

キーパーはハンガリー代表Nandor Fazekas、Szilveszter Liszkai、RK Celjeから移籍してきたクロアチア代表の正ゴールキーパーMirko Alilović(アリロビッチ)

長年チームに在籍したキーパー Dejan Pericが母国のクラブに帰り、代わりにクロアチア代表の Alilović(アリロビッチ)を獲得。またかつてチームに所属していたハンガリー代表のエース Ferenc Ilyesも復帰し、戦力は確実にアップした。

チームのエースMarko Vujin(マルコ・ブジン)が攻撃の中心だが、彼のマークが厚くなれば、 Ferenc IlyesやGabor Csaszarなど他の強力なバックプレーヤーが得点を取れるし、両サイドで安定した活躍をするIvancsi兄弟など、選手の層は厚い。又クロアチア代表のキーパーMirko Alilović(アリロビッチ)が加入したことにより、守りも安定し今年の Veszpremはかなり期待が持てそうだ。ちなみにエースのMarko Vujinは今シーズン限りでチームを去るので、彼の花道を飾るためにもFINAL4進出は本気で狙っているはず。

過去には、2009年にルーマニア代表Marian Cozma選手が暴漢に襲われ亡くなり、他の主力選手も大けがを負うという悲劇的な事件が起こったVeszprem。熱狂的なファンが多くホームのVeszprem arena試合は常に満員で、スタンドはチームカラーの赤一色に染まる。


T_2012_1832_B.jpg



関連記事

この記事へのトラックバックURL
http://fat655.blog119.fc2.com/tb.php/157-5b694f7c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。