FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.10.31

Michael Guigou(ミハエル・ギグー)

220PX-+1_convert_20111028201415.jpg



       国籍/フランス
       クラブ/Montpellier Agglomeration
       年齢/29歳(2011年10月現在)
       ポジション/レフトウイング
       身長・体重/179cm 79kg

MontpellierのレフトウイングMichael Guigou(ミハエル・ギグー)。フランス代表では2004年のオリンピックから、現在まで不動のレギュラーとして活躍しており、フランス黄金時代を築いた重要プレーヤー。クラブでは1999年から一貫してMontpellierでプレーしており、今後も移籍する事はなさそう。

サイドプレーヤーでよく言われる”職人””技巧派″などの言葉が一番よく似合う選手で、難しいゴールを決めても顔色一つ変えずに、たんたんとプレーを続ける。サイドシュートの上手さはもちろんのこと、速攻での正確性などサイドプレーヤーに求められる能力に関しては全てが高い。

上背がないので、回りこんでロングシュートを打つことはあまりないが、カットインの技術に関してはピカイチ。サイドでは相手DFに隙があればすかさず1対1をしかけるし、味方が一人退場した際にはセンターに入りボールを回しながら、カットインを狙う。身長が低いのに加え、かなり低い位置でドリブルをするので、大柄なDFの脇下などの狭い隙間を狙って切り込んでくる。

89663304610x-jpg_convert_20111028201431.jpg又、Guigouを語る上で外せないのがドリブルの上手さだろう。手のひらを返すことが認められていないハンドボールで、Guigouはバスケット選手のような華麗なドリブルをする。

特に左右の切り返しが上手く、2007年の世界選手権(対クロアチア戦)で見せたドリブルは、ハンドボール史上最も美しいドリブルとしてファンの間で記憶されている。(と思う。)


これがそのドリブル









関連記事

この記事へのトラックバックURL
http://fat655.blog119.fc2.com/tb.php/182-63147e90
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。