FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.12.27

German squad

Official Squadを紹介しようと思ってたら、すでにベンチ入りの17人が発表されたのでそちらを紹介。

レフトウイング

Uwe Gensheimer,Rhein-Neckar Löwen
Dominik Klei,THW Kiel

レフトバック

Pascal Hens,HSV Hamburg
Lars Kaufmann, SG Flensburg-Handewitt
Sven Sören Christophersen,Füchse Berlin


ミドルバック

Michael Haas, FA Göppingen
Martin Strobei,TBV Lemgo


ライトバック

Adrian Pfahl, VfL Gummersbach
Holger Glandorf,SG Flensburg-Handewitt


ライトウイング

Christian Sprenger,THW Kiel
Patrick Groetzki,Rhein-Neckar Löwen

ラインプレーヤー

Oliver Roggisch,Rhein-Neckar Löwen
Christoph Theuerkauf,TBV Lemgo
Patrick Wience,VfL Gummersbach

キーパー

Silvio Heinevetter,Füchse Berlin
Carsten Lichtlein,TBV Lemgo
Martin Ziemer,HBW Balingen-Weilstetten

2007 世界選手権1位
2008 EURO4位 
2008 オリンピック9位 
2009 世界選手権5位
2010 EURO10位
2011 世界選手権11位

Heuberger新監督の元初めての国際大会に挑むドイツ。監督のインタビューによるとメダルも十分可能と言っていたが正直かなり難しいだろう。というのも最近の国際大会では優勝争いはおろか、グループラウンドをギリギリ突破できるのがやっとで、ロンドンオリンピックの出場も危ぶまれているなど、ハンドボール王国にとってかなりお寒い成績が続いている。

もっともメンバー的には強豪国にけして見劣りせず、新監督のもと心機一転で上位に食い込む可能性もゼロではない。メンバー的には大方予想通りだが、センターのMichael Krausが怪我で出れないのが非常に厳しい。おそらくセンターのファーストチョイスはMichael Haasだと思うが Krausに比べるとどうしても見劣りする。2007年の優勝はKrausのおかげと言ってもいいぐらい大活躍したので、ドイツにとっては欠かせない選手だ。

後、キーパーでHSV HamburgのBITTERが漏れたのがかなり意外。怪我の情報も入ってないし、なぜだろう。あと、長年ラインプレーヤーとして活躍していたSebastian PREISSは今回選出されなかった。自分的にはライトバックにTHW kielのChristian Zeitzを入れてほしかった。Zeitzは前監督ブラント氏との確執により代表からしばらく遠ざかっていが、新監督のもとでは招集されるかと思っていたがOfficial Squadにさえ入っていなかった。 Glandorfとのコンビを見たかったのだが。

国際大会では特にどの国を応援してるわけではないが、やっぱりドイツ代表には頑張ってほしい。

関連記事

この記事へのトラックバックURL
http://fat655.blog119.fc2.com/tb.php/223-8045cf96
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。