--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.03.22

チャンピオンズリーグLast16 1stレグ

チャンピオンズリーグLast16 1stレグ結果

Füchse Berlin (GER) – HSV Hamburg (GER)   32 : 30

Montpellier (FRA) – FC Barcelona (ESP)   30 : 28

Wisla Plock (POL) – THW Kiel (GER)  24 : 36

Kadetten Schaffhausen (SUI) – Atletico Madrid (ESP) 27:36

Ademar Leon (ESP) – MKB Veszprém (HUN) 31:28

Vive Targi Kielce (POL) – Cimos Koper (SLO) 27:26

Metalurg Skopje (MAC) – Zagreb (CRO) 19:18

IK Sävehof (SUE) – AG Copenhague (DAN) 25:34


Füchse Berlin対HSV Hamburgのドイツ勢同士の対決はホームのFüchse Berlinが勝利した。序盤は Hamburgが押していたが次第にホームの声援もありBerlinがペースをつかみ逆転に成功した。BerlinはエースのChristophersenが絶好調で点をバンバン決めていた。この選手キーパーの足元に打つのが凄い上手い。一方の Hamburgは今シーズンイマイチなMichael Krausがいいシュートを何本か打っていた。Krausのプレーは華があって自分はけっこう好き。後あと、解任されたCarlén監督の代わりに前監督で現ゼネラルマネージャーの Martin Schwalb氏が残りのシーズンチームの指揮を執ることになった。2点差という事も考えればまだまだ可能性は残っている。

201211020104001_5_convert_20120322235752.jpg



もう一つの注目の注目カードMontpellier対BarcelonaはMontpellierがチャンピオンを2点差で撃破した。Barcelonaは相手キーパーの大当たりもあり、前半はまったくいいところがなく、一時は10点差ちかくリードを許す展開に。後半入ってすぐに同点に追いつくが再び離され、結局リードを奪われたまま試合はタイムアップした。MontpellierはライトウイングのDragan Gajicの速攻が絶好調で点を稼げたのが大きい。ただしライトバックのVid Kavticnikが負傷し全治8か月と残りのシーズンは絶望になったのがおおきな不安だ。もともと層の薄いライトバックに誰が入るのだろうか??Barcelonaも後半は名手Rutenkaoの技ありステップシュートが連続で決まるなど、悪いなりにも2点差まで食いつくことができた。おそらく、次の試合でBarcelonaが2点差以上で勝ち、ベスト8に進むだろう。


201211020104003_8_convert_20120322235808.jpg
関連記事

この記事へのトラックバックURL
http://fat655.blog119.fc2.com/tb.php/286-5aaf59bb
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
はじめまして。
毎回このブログの選手紹介の記事等は海外好きの僕としては、ものすごくおもしろいものでした。周りに海外ハンドボールの話をできる人がいないので(^_^;)
ぜひとも選手紹介だけでなく、海外に関する記事を更新していただけたらと思います。個人の自己勝手な要望とは重々承知しております。失礼いたします。
Posted by 通りすがりの高校生 at 2012.10.31 07:07 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。