FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.04.21

Christian Zeitz(クリスチャン・ゼイス)

080511THWReal2Zeitz_convert_20110419232307.jpg


       国籍/ドイツ
       クラブ/ THW Kiel
       年齢/30歳(2011年4月現在)
       ポジション/ライトバック、
       身長・体重/186cm 92kg


ハンドボール界きってのテクニシャンChristian Zeitz(クリスチャン・ゼイス)
ドイツ代表で同じポジションのHolger Glandorf(グランドルフ)がバリバリの大砲選手であるのに対し、Zeitzはブラインドシュートやステップシュートなど、多彩なシュートテクニックで点をとるタイプの選手。

身長、体重とも世界レベルからすると一回り小さいが、肩の力がとても強くシュートスピードはめっぽう速い。豪快なジャンプシュートはそこまでないが、恐ろしいタイミングで放たれるステップシュートはめちゃくちゃ豪快で、キーパーは一歩も動けず、ゴールネットに突き刺さる。

ディフェンスの脇下から打つシュートが得意で、いつシュートを打ってくるか読めない典型的な変則的シューター。たまにクルッと一回転して打つ“クレイジーショット”(←実況がそう言ってた 笑)はほとんど枠の外に外れるが、決まった時は相当かっこいい。全体的にシュート成功率はそこまで高くないが、印象に残るゴールが多いので記憶に残る選手。

ハンドボールの魅力、というか面白さの秘訣の一つとして、多彩なシュートバリエーションというのが挙げられると思う。その点、Pascal Hens(パスカル・ヘンズ)のような豪快なロングシュートを打つ選手もいいが、 Zeitzのような技ありシュートを打つ選手もハンドボールファンとしては見逃せないのである。

GYI0063344883_crop_450x500_convert_20110421000200.jpg
あと、基本トリックプレーヤーなので好不調の波が激しく、当たるときはスゴイが、入らない時は入らない。去年のチャンピオンズリーグ決勝ではKim Anderssonが負傷の為、ほぼでフル出場し大活躍。特にフリースローの場面でディフェンスの意表をつき、振り向きざまにシュートを決めたが、あれこそ彼の真骨頂というプレーだった。


関連記事

この記事へのトラックバックURL
http://fat655.blog119.fc2.com/tb.php/70-69588b67
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。