FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.04.26

EHF Champions League HSV Hamburg vs Chekhovskie Medvedi

C_2011_6517_B.jpgC_2011_2534_B.jpg
  VS

【前半】
FINAL4をかけた初戦。チャンピオンズリーグの会場としては今季初のO2 World アリーナ。やはり大きなスタジアムはテンションが上がる。スタートはflohr、Lackovic、Duvnjak、K・Lijewski、Stefan Schröder。まずはLackovicの豪快なロングでhanmburgが先制、相手のミスから速攻を狙うも、Medvediの戻りも早くそう簡単には決めさせてくれない。守りでは前回の試合と同様にDFの位置を高くし、相手に激しくプレッシャーをかける。これに対しMedvediは攻撃の流れの中で、バックプレーヤーがポストに流れ込み、うまくシュートを決める。相変わらずボール回しはとてもスムーズ。10分過ぎにStefan Schröderの3連続得点や、守護神 Bitterの好セーブもあり、hanmburgが試合の主導権を握り始める。15分過ぎには相手が2人2分間退場になり、一気に14-8の6点差。速攻も決まるようになり、前半は20-15で終える

【後半】
後半はMedvediのセットオフェンスがよくなり一進一退の状況が続く。ここで流れがMedvediに行きかけたが、キーパーSandströmが立て続けに2本の7mスローを止め流れを引き戻す。後半の中ごろからは完全にhanmburgペース。MedvediもDFを高くしロングを防ぎにかかるが、ポストにうまく通し、得点を重ねる。今日はセンターのDuvnjakが試合をうまくコントロールし、ポストやサイドに的確なパスを何度も通す。Medvediのオフェンスはhanmburgの厳しいDFにてこずり、苦し紛れのサイドシュートが多くなる。今日は殆どいい形でロングを打たせてもらえなかった。いつもは豪快なシュートを決めるライトバックのSergiy Shelmenkoもシュート態勢に入るとすかさず、プレッシャーをかけられパスをせざる得ない場面が何度もあった。Medvediの攻撃が単調になりターンオーバーが増えるので、hanmburgは速攻で点を重ねる。後半途中から入ったPascal Hensも続けてロングを決め、やや一方的な試合展開に。25分には10点差になり、最終的には38-24とまさかの14点差で勝利。FINAL4行きをほぼ確実にしたといっていいだろう。

112115005_12_convert_20110425235839.jpg



112115005_5_convert_20110425235741.jpg



112115005_9_convert_20110425235816.jpg
関連記事

この記事へのトラックバックURL
http://fat655.blog119.fc2.com/tb.php/73-c4882b8c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。